超簡単にWEBサイトが作れる"Strikingly" 前編! / カワズの唄

スポンサーサイト

            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超簡単にWEBサイトが作れる"Strikingly" 前編!

            
Category : WEBデザイン
前々から「制作中」と言いながら、諸般の事情でいっこうに進捗のない蛙堂サイトですが、いよいよ埒が明かないので、仮のサイトをオープンしました。
ただし、現在は限定的に依頼を受けているので、問合せフォームなどは故意に『準備中』としています。

蛙堂ポートフォリオ on Strikingly


さて、"on Strikingly"とは何か。

実は、仮のサイトという事で、"Strikingly"というサイト制作サービスを利用させていただきました。
これがまた最高に簡単に、シングルページのWEBサイトが作れるサービスなのです。
『最高に簡単に』とは、海外IT企業の日本法人が使う変な日本語のようですが。

巷には似たようなサービスがありますが、本当にこれが最も簡単!
しかもメニューがすべて日本語なので、なんら迷うこともありません。

最高のエクスペリエンスをあなたに!

とはいえ、いくら簡単だと言っても『Strikingly 使い方』とかググっている人もいるわけで。
ならば私がお手伝いしましょう。
間違いなく長くなるので、複数回に分けて説明したいと思います。
今回は第一回!

驚くほど簡単なWEBソリューションで云々


1.登録をする


まずユーザー登録をします。
今回は使い方の説明用に作っただけなので、使い捨てのメアドを使いました。


使用したいユーザー名、メアド・パスワードを入力し『早速、始めましょう。無料です!』をクリックします。
登録アドレスに認証メールが来るわけでもなく、すぐに始められます。



テンプレを選びます。
まずは目的によって、3種類から選択します。


ひとつめの「ビジネスまたはプロジェクト」を選択すると
続いてそれに応じた5つのテンプレが表示されます。

それぞれにデモページもあります。

1.FRESH→デモ
2.APP SHOWCASE→デモ
3.ONYX→デモ
4.BRIGHT→デモ
5.PITCH DECK - LIGHT→デモ(江南スタイル注意)


『パーソナルサイト』には3つのテンプレが。

1.PERSONA→デモ
2.FRESH→デモ
3.FRESH(なぜ同じ名前が3つも?)→デモ


そして『ポートフォリオ』には4つのテンプレがあります。

1.IVORY→デモ
2.ECHO→デモ
3.ION→デモ
4.PERSPECTIVE→デモ


蛙堂のサイトは『ECHO』を使って作成しました。


ちなみに左側のサイドバー、今は『マイページ』がアクティブになっていますが、2番目の『アカウント』ではユーザー名のや登録メアド・パスワードなどの変更ができます。


その下の『料金プランとアップグレード』は有料版に興味がなければスルー。
興味がある方は、4番目の『特典』で、無料でプロ版を利用する権利をゲットできます。


『いいね!』すると有料版の機能が1週間使えるそうです。
1週間。



2.編集をする


さて今回は『PERSPECTIVE』を使ってみたいと思います。
去年あたりから絶賛流行中のパララックススクロールです。

使用したいテンプレートにカーソルを乗せると出てくる、『編集を始めましょう!』というボタンをクリックして始めます。


ツアーの案内が出ますが、僕は『いいえ結構です』にしました。

興味のある方は見てみてください。

左側の『設定』をクリックすると


ページタイトルや任意のアドレス


メタタグなんかを設定できます。


『更新』をクリックして、『終了』

さて次回はなんと、いよいよページのデザインとコンテンツに着手したいと思います。


お楽しみにね!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

カークランド

Back to Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。