R.I.P. レイ・マンザレク / カワズの唄

スポンサーサイト

            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.I.P. レイ・マンザレク

            
Category : 音楽



5月20日、The Doorsのキーボーディストであるレイ・マンザレクが逝去しました。
74歳でした。

すでにボーカルのジム・モリスンは1971年に夭折しているので、今頃は天国か地獄でまた音楽活動をスタートさせているかもしれません。

僕にとってDoorsというバンドは、最も胸に残るバンドです。
Zeppelinよりも、Pistolsよりも、もちろんBeatlesよりも。


The Doors - Light My Fire



初めて聴いたDoorsの曲は『Light my fire(ハートに火をつけて)』、高校生だった僕には全く良さが解りませんでした。
そんな僕が急にDoorsにドップリとハマるきっかけになったのが、1991年のオリバー・ストーン監督映画『ザ・ドアーズ』でした。


映画『ザ・ドアーズ』トレーラー



この映画は、監督の学生時代の同級生であるジム・モリスンの波乱に満ちた生涯を描いたもので、ジム役にヴァル・キルマー、その恋人のパメラ役がメグ・ライアン、そしてレイ役がカイル・マクラクランという、今から考えると豪華なキャスティングの映画でした。

ここで描かれるジム・モリスンの波乱と言うよりは気狂いとしか思えない暴れっぷりは、18歳の僕の心臓を鷲掴みするには充分なもので、その日を境に僕はサザンオールスターズを聴くのをやめ、Doorsという泥沼に首までヒタヒタに浸かってしまうのでした。

知覚の扉の向こうに行きたかった。


The Doors - Break on Through



しかし、このバンドのサウンドの要はオルガンであり、それを担当するレイ・マンザレクこそが(音楽面での)中心人物なのだと気付くのは、若かった僕にはまだまだ先の話。


The Doors - When The Music's Over



今はわかります。彼のオルガンを抜きにしては、上記の曲のような不穏な雰囲気を表現するのは、100パーセント無理でしょう。


今は故人の在りし日を偲んで、Doorsの全アルバムを夜通し聴きまくる以外に追悼のしようがありません。
いやまぁ実際、聴きませんけど。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2Ad

カークランド

Back to Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。